所得税の税制改革!2020年1月からどう変わった!?

2019年10月1日から、消費税が8%から10%に増税されました。
「軽減税率」など、新しい制度も登場し、世間を騒がせています。
そのような中、2020年からは、所得税に関する税制改正が行われます。
会社などに課せられている法人税が引き下げられた一方で、消費税に引き続き、個人へと化せられている税制の改革です。
では、今回の所得税の税制改革がどのような改革であるのか、見ていきましょう。

基礎控除額の引き上げ

まず、ポイントの一つ目は「基礎控除額の引き上げ」です。 基礎控除とは、所得額に関係なく、全ての納税者に適用される所得控除です。 とはいっても、合計所得金額が2400万円以下の方が対象となっております。2400万円を超える方は、段階的控除がなされ、2500万円を超える方は控除無しとなります。 基礎控除額引き上げの内容は、今までは「38万円」であった控除額が、今回「48万円」へと10万円引き上げられるというものです。

給与所得控除の引き下げ

ポイントの二つ目は、給与所得控除の引き下げです。 給与所得控除とは、会社員の経費と言われているもので、所得金額に応じて、一定額の控除が行われます。 この給与所得控除が、一律で10万円引き下げられます。また、控除額の上限であった「所得金額1000万円以上、控除額220万」も引き下げられ、「所得金額850万円以上、控除額195万円」となります。

所得金額調整控除

三つ目のポイントは、新制度である「所得金額調整控除」です。 所得金額調整控除とは、所得金額850万円以上かつ、「本人が特別障害者」、「年齢23歳未満の扶養家族がいる方」、「特別障害者の生計を共にする配偶者又は扶養家族がいる方」のいずれかに該当する方に適用されます。 控除額は、「(所得金額-850)×10%」です。ただし、1000万を超える場合には、上限の15万円が適用されます。

以上が所得税の税制改革の内容となります。

所得金額が850万円以下の人は、基礎控除額+10万円、所得控除額-10万円となるので、実際の影響は少ないかもしれません。 そのため、今回の税制改正のターゲットは、850万円を超える方であり、850万円を超える方々が基本的には増税となるのです。

また、自営業やフリーランスの方は、所得控除はせず、基礎控除のみであるので、実質減税となります。 所得税額が変わると言うことは、所得税額を基に算出される住民税額も変更となります。 例えば、年収900万円の場合、所得税額と住民税額の合計が以前に比べ、約1万5000円増額となります。年収1000万円を超えると、約4万5000円の増額となります。

年収850万円以上の所得がある人口は約230万人と言われています。 今回の税制改革では、850万円以上の所得がある人がターゲットでしたが、税制改革の度に所得金額控除額が引き下げられている現状もあり、今後税制改革は行われた場合、増税となる可能性が非常に高いです。

そのため、今から節税対策などに注目してみたり、取り組んでみることも非常に重要になるでしょう。

所得税
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です